2013年06月18日

ワイン教室

『ワイン教室』についての補足です。


wine_glass.jpg


●名称から「ビール好きのための」を外しました

ビール好きでないと参加できませんか?とのお問い合せを
いただきました。

この教室は、
ワインについてしっかりと学んで、楽しめるようになること
を目的としていますので、クラフトビールを愛するかたも、
ビールはあまり飲まないかたも、ご参加可能です。



●フランスワインで学ぶことの利点

アメリカ、チリ、ニュージーランド、オーストラリア
などのワインではなく、フランスワインで学びます。

ワインは価格や味わいも多種多様です。最初にフランス
ワインを学ぶことで、多種多様なワインに対する基軸を
つくります。それがワインをきちんと理解する早道だと
確信しています。


また、ワインの味わいを確実に理解するためには、数種
類を同時に比較試飲することが重要です。
ただ、良質なフランスワインを家庭や個人で数種類同時
に開栓することは経済的にも無駄の面からも現実的では
ありません。


この教室では、8回まででまず基軸となるフランスワイ
ンを理解した後に、9回目で近年注目を集めている日本
ワインを学びます。その後、次のセッション(準備中)
で、アメリカやニュージーランド、チリなど、いわゆる
ニューワールドのワインへ展開していく予定です。




しっかりと学ぶ『ワイン教室』

この機会にぜひご受講ください。


詳細ご案内はこちらです。

posted by advancedbrewing at 02:29| Comment(0) | 日記

2013年06月07日

ビール好きのためのワイン教室

『ビール好きのためのワイン教室』はじめます。

wine.jpg

□ 普段はビール、でもたまにはワインも楽しみたい。
□ ワインは知識が全くない。
□ ワインを初歩の初歩から、学んでみたい。
□ 都心のワイン教室に通うのは少し気が引ける。
□ 安価なワインでなくフランスワインで基本の味わいを押さえたい。
□ ワインと料理、ワインとチーズの合わせかたを押さえたい。
□ ワインを通じた、仲間を作りたい。
□ ワインを通じた仲間と楽しくワインを学びたい。
□ ワインを知ることで、ビールをより深く理解したい。


このようなかたのためのワイン教室です。
もちろんビール好きでなくても大歓迎です。



麦芽を糖化するところからはじまって、煮込んだり冷やしたり、
様々な工程を経て作る「ビール」に対し、葡萄果実をそのまま発酵
させる「ワイン」。

製法がストレートなだけに、果実の個性や魅力がそのままワインの
個性となって現れます。

ハーブのような香りとフレッシュな酸が特徴のソーヴィニヨン・ブ
ラン、しっかりと力強い酸のリースリング、バラやライチのような
香りのゲベルツ・トラミネール、華やかで豊かな香りのピノ・ノワ
ール、力強いタンニンのカベルネ・ソーヴィニヨン、スパーシーな
シラーなど、個性的で魅力的なワインが並びます。



まずこれらの基本的なワインの味わい理解し、料理やチーズとのあ
わせかたを学びます。


例えば暑い夏にはきりりと冷やしたソーヴィニヨンブラン。
鶏肉を塩胡椒でグリルして、レモンをしぼってあわせてみます。

ゆったりと過ごす休日には、ブルゴーニュ地方の木樽熟成の重厚な
シャルドネ。
グリルした鶏肉にホワイトソースをかけてあわせてみます。


ビールだけでなくワインも、食事や気分によって選べるようになると、
食卓が一段と豊かに、楽しくなります。



『ビール好きのためのワイン教室』

土曜日の午後、
毎回4〜5種類のフランスワインを比較試飲しながら
ワインについて学んで参ります。

ぜひご受講ください。


詳細ご案内のページへ

posted by advancedbrewing at 01:56| Comment(0) | 日記
アドバンストブルーイングのTOPページヘ